さらわたし

年少さんのグループレッスンで使う
さらわたし という 歌遊びに
ぴったりの 道具を
おもいつきました。

お皿を振ると、チリリと 小さなはかない音がします。
鈴が宙に浮いているから、人が鳴らすのとは違う音なのです。
すてき。

さっそく
年少さんとあそびましたよ。

目をつぶって
回る鈴のふるえる音を追いかける
鬼役に何度もなってみたくなります。

歌詞との連動もよし。
年少さんも、真剣に目をつぶって、音をおいかけていました。

おや、いつの間にか一人で目がつぶれるようになったのね。
子どもはどんどん新しいものを吸収していきます。
私も、次の手次の手、考えなくてはね。

本当によいあそびを思いつくのは、むずかしいのです。

さらわたし、ひとつできてよかった。(^^)


おすすめ記事

良い姿勢って?

東温市の音楽教室・うてな音楽教室 小学校の女の子といっしょに お腹を安定して座るにはどしたらいいか、 という話、それがピアノを弾くのにも 生活するときにも とっても役に立つことだということなんかを 一緒に考えました。 そして、なかなかよい体つきになって ピアノ...