体験レッスンに来ていただいた方が、
「てっぺんを目指す感じじゃないのがよいです。」
と、仰っていました。

まさに、そういうことを伝えたくて作ったホーム・ページですから、
それが伝わったのが嬉しかったです。

この教室は、ショパンやバッハ、ベートヴェンに取り組んでいる生徒もいますし、
メロディをひきながら、 少しづつコードに慣れ、ノリやハーモニーを楽しんでいる生徒もいます。青春のまっただ中でも、おとなになっても、自分と音楽が近くにある感じ、それがあったらいいなあと思うのです。誰と比べるでなく、自分の楽しみ方をみつけてくれたらいい。むしろゆっくりさんのほうが、本当の音楽の楽しさを理解しているのじゃないかなと思うのですよ。一つ一つを愛おしんでいるのがわかりますから。

みんな 自分の楽しみ方を。

そう思っていますし、
そうなるにはどうしたらいいだろうと考えて
一人ひとりあれこれと工夫するのが私は好きです。




おすすめ記事

良い姿勢って?

東温市の音楽教室・うてな音楽教室 小学校の女の子といっしょに お腹を安定して座るにはどしたらいいか、 という話、それがピアノを弾くのにも 生活するときにも とっても役に立つことだということなんかを 一緒に考えました。 そして、なかなかよい体つきになって ピアノ...