おかあさんからの質問


おかあさんからとてもよい質問をしていただきました。
質問はこんな内容です。

お子さんが、お家で気に入ったポップスの弾き語りの曲を楽しんで弾いているのですが、あるとことからとても難しくて、そこから先へいこうとしないのです。それで、もっと簡単な楽譜を買って欲しいとのこと。買ってあげるべきななのか、それともがんばって最後まで仕上げさせたほうがいいのか。
とのこと。

タイムリーなことに、ちょうどレッスンの時も別の曲のことでその話をしたところでした。

その生徒は今伸び盛り、気持ちも熱く、色な曲をきっとおもいっきり弾きたいのでしょう。でも、テクニックがついていかないし、そんな簡単には譜面も解読できない。今ブルグミュラーの「進歩」という曲をやっていて、左の上行するスケールが走ってしまいます。気がつかない子だったら、弾けることで満足するでしょうが、その生徒はそのことに気がついています。一生懸命練習するのにそこが弾けない、と、合格をあげても浮かない顔をしています。

こんなふうに説明しました。
「今、この曲だけ弾けるようにしようと思っても、鍵盤を押す力はまだまだ弱くて、とても時間がかかってしまうでしょう。無理にこの曲だけつくり上げるより、いろんな曲をやって応用力をつけながら、ハノンなどで指をしっかりする練習を欠かさないようにするといいとおもうよ。ずっと先になって、いつか、とても簡単に弾けるようになっているから、今は新しい曲にどんどん立ち向かっていこう。」
と。
そして、少し指練習にもなりそうな「別れ」という曲を渡しました。

おかあさんにもその説明をして、

なにより、自分から楽しい!やってみたい!とおもって、おかあさんに楽譜買ってもらった、その気持のほうを大事にしてあげてもいいかも。娘さんは今できない、ということをよくわかっているから、これからなにをすればいいか、を指し示してあげようと私も思います。
と。

おかあさんは、とても納得していただいたようです。


何よりも、専門的なところはわからないからと、私に相談していただいた、その、閉じない教育のあり方、流石だなだと思いました。

私もおかあさんの思いを大切にしながら、経験から言えることは、お伝え出来たらいいなと思います。それがお母さんが次の判断をするための糸口になればいいなと思います。


なにを偉そうに、
と見上げているのは、猫のコゲタ。
うるさい。


おすすめ記事

良い姿勢って?

東温市の音楽教室・うてな音楽教室 小学校の女の子といっしょに お腹を安定して座るにはどしたらいいか、 という話、それがピアノを弾くのにも 生活するときにも とっても役に立つことだということなんかを 一緒に考えました。 そして、なかなかよい体つきになって ピアノ...