アレキサンダーテクニーク

生徒の指の癖や、歌い方の癖などの改善ににもとてもやくにたっているもの。

アレキサンダーテクニーク、と言います。

これは演奏家や、役者さんなどがよく受けているものです。

私が東京でお世話になっているアレキサンダーテクニークの先生は、

ドイツで療法を学ばれたそうです。

 ワークショップに東京に行った時、時々うけて帰るのですが、

毎回、自分の身体の余計なものがふと抜けていくようで、

いいのですよ。

アレキサンダーテクニークは自分の体を知り、

方向付けをすることによって、

演奏にも良い効果があるとされているものです。

ピンポイントで対処療法的に治すのではなく、

全体性を大切にするところが私はよいと思います。

そして、自分の体のちょっとした癖がわかり改善できると、

生徒のものもよく見えてきます。アドバイスがしやすい。

時間はかかりますが、

レッスン毎に少しづつ取り入れることによって、

多分ピアノだけではなく、

姿勢や、生活にも影響があるのではないかなと思います。

もっと知識なども学べばいいのかなと思う時もあるのですが、

体で知る、ということも大事かと思い、

何でも知りたがりの私ですが、いまのところ、

本をガリガリ読まないようにして

東京での時々のレッスンを楽しみにしています。

子どもたちと一緒に少しづつかわっていけばいいかなと。

いつかちゃんと読まなきゃいけない時がくる気もするのですがね。


愛媛でアレキサンダーテクニークを受けたことのある人は

もしかしたら
少ないかもしれないですね。

いつか、先生にも来ていただけるといいですね。




おすすめ記事

良い姿勢って?

東温市の音楽教室・うてな音楽教室 小学校の女の子といっしょに お腹を安定して座るにはどしたらいいか、 という話、それがピアノを弾くのにも 生活するときにも とっても役に立つことだということなんかを 一緒に考えました。 そして、なかなかよい体つきになって ピアノ...