タッチアップ

  東温市・愛媛・うてな音楽・ピアノ教室


40分という限られた時間の中、
それもピアノ・レッスンの合間
ほんの2・3分だけなのですが、
生徒はいろんな お話をしてくれます。

昨日は、スポーツ少年団で、ファインプレーを決めた、ということ。

彼は学び方がなんでも 丁寧。
レッスンノートをつけながら、漢字の書き方を聞いてきて
自分で納得行くまで書いています。
ピアノのレッスンでもそうで
人の話を聞いて、自分に取り入れて実践するまでのプロセスが
すごいなあと、いつも感心します。

できる、とかできない、とかそういうバイアスがないから
言っている意味がわかったら、とにかくやってみるだけ、の人。

決めたのはソフトボールの言葉でタッチアップ、なんだとか。
私なんかちんぷんかんぷんですが、
なんでも、フライを受け取ってすぐにランナーをアウトにするために目的の方向に投げるんだとか。(あってるのかな)

ソフトを何も知らない私に、要点を掴み、まとめ、ダラダラとしない言葉でまとめる。

たいしたもんです。


***
愛媛も梅雨明け。
夏場の朝の教室は直射日光がカンカンです。

きのう空気を入れてもらった、ゴムボールがほったらかし・・・・

おすすめ記事

良い姿勢って?

東温市の音楽教室・うてな音楽教室 小学校の女の子といっしょに お腹を安定して座るにはどしたらいいか、 という話、それがピアノを弾くのにも 生活するときにも とっても役に立つことだということなんかを 一緒に考えました。 そして、なかなかよい体つきになって ピアノ...