音楽会シーズン

東温市のうてな音楽教室

先月末から、生徒たちが学校でもらった楽譜をちょこちょこ持って来始めました。
学校行事の合唱コンクールや、音楽会のピアノ伴奏の楽譜です。

ピアノ伴奏は、人の演奏と一緒に音楽を奏でる
とても良い機会です。

とはいっても実際は、なかなか大変。
学生さんの殆どは音楽に不慣れだから、
歌が走っちゃうとか、ピアノを聞いてくれない、とか。
そもそも関心がない、とか。
もんもんしながら、やってる。
時には譲歩ももちろん必要になってくる。
でも、それが大事、と思います。

なにかにぶつかってみて、
音楽って何よ、って、考える。

テクニックがいくら凄腕でも、人の伴奏ってぜんぜん違うから、
そんなことよりずっとずっと大切なことを知っていかなきゃいけない。

その中で、みんなと共有していく喜びを感じることができたら
ピアノを弾けることが誰かの役に立ったら、
ただただ先へ進む教室のレッスンではできない学びがたくさんあるでしょう。

譜読みはみんなそんなに困らないようなので、
わたしは専ら、そんな学校でのやり取りの聞き役になります。



生徒が楽譜を持ってきたら
秋の訪れを感じる、音楽教室です。


おすすめ記事

良い姿勢って?

東温市の音楽教室・うてな音楽教室 小学校の女の子といっしょに お腹を安定して座るにはどしたらいいか、 という話、それがピアノを弾くのにも 生活するときにも とっても役に立つことだということなんかを 一緒に考えました。 そして、なかなかよい体つきになって ピアノ...