おまつりのあと

祭りが終わった途端、秋風が吹き始めました。

息子が子役を引き受けていたころは、
どっぷりお祭りモードの9月10月でしたが、
今は、風にのって聞こえてくる太鼓の音に懐かしさを感じます。
今年は、事務処理の山積で家から出られずで・・

地元の生徒たちの多くは、子役や太鼓に駆り出され
毎日の練習もあり、
ピアノどころではない、という状態が約ひと月。

それでも、
参加するのは、すばらしくよいことと思います。

息子もどれだけ育てられたか。

たまたまオペラの練習に帰ってきていた息子も
思いがけず祭りに参加することができ、
子供の頃は絶対飲まん、といっていたお酒を辻辻でいただき、
ほろよいで 汽車に乗って帰っていきました。

おーさいありや
おーさいありや
よろこびありや
よろこびありや
このところの
つきさんばんそう
ほかへは やらじと
あんばーはー えい!

幼いころ 乾いた秋風にのって、
たくさんの鈴の音とともに
田んぼ道に響いていた
息子の声が
ふと 蘇ってきました。

今年はうちの生徒さんが引き受けたはず。
あ、見損ねてしまった。残念。


おすすめ記事

良い姿勢って?

東温市の音楽教室・うてな音楽教室 小学校の女の子といっしょに お腹を安定して座るにはどしたらいいか、 という話、それがピアノを弾くのにも 生活するときにも とっても役に立つことだということなんかを 一緒に考えました。 そして、なかなかよい体つきになって ピアノ...