デイヴィット・フライのラヴェル

朝から、鳥肌もの。

色彩があざやかであることと
音色のクリアさ。
イメージの構築。

彼の演奏は裏切られることがない。




おすすめ記事

良い姿勢って?

東温市の音楽教室・うてな音楽教室 小学校の女の子といっしょに お腹を安定して座るにはどしたらいいか、 という話、それがピアノを弾くのにも 生活するときにも とっても役に立つことだということなんかを 一緒に考えました。 そして、なかなかよい体つきになって ピアノ...