おかあさんも悩む

新学期も安定してきて
お母さんたちも生活のリズムがついてきた頃なのかな、
ポツポツ お問い合わせや体験レッスンのお電話を頂きます。
どうしようかな。。と考え中のおかあさんも
ききたいことなど あれば お気軽にお電話くださいね。
今月・来月は私の方も東京での仕事が無いので、ゆっくり対応することができると思います。

さて、先週、あるおかあさんの失敗談で、生徒とえらく盛り上がりました。
子どもはでもちゃんと心得ていて、にこにこしてお話してくれました。
あとで、おかあさんと、強くなったね−●●さん。って。

まあその話は他愛のないことだったのですが思い出した自分の大失敗。
娘が生まれた時何がなんでも母乳でそだてようとして、
無茶をしたこと。
結局、ほとんど母乳はでなくて、
まだ生まれたばかりの可愛い赤ちゃんは、体重もおちて
失敗で済まされないような、 大変なことになる一歩手前でした。
いま思い返しても胸が痛みます。


その娘も今ではのびのびと元気で働いています。
東京見物に一緒に行ったりして、私を気遣ってくれたりします。


み~んな、おかあさんって 子どもと一緒にようやっとおかあさんになるんですよね。

まあ、そんな母だったので 偉そうなことはいえないんだけれども、
私は、失敗だったな、と思って反省できたり
軌道修正できたら 十分なんじゃないかなと思います。


子供が可愛かったらちゃんと子供の顔が見えると思うんですよね。
そしたら、もし何か大事なことを見落としてたら、あっ、って何か気がつく。
それからでも十分大概間に合うんじゃないかな。


おかあさんだって、できないことはできないし、
ひとりひとりその人の良さって違うし、
いろんな 親子関係があって当然。

10年スパンで親子さんとのおつきあいになるのがこの商売ですが、
要所要所で、おかあさん(ときにお父さん)の成長も垣間見させて頂きます。
子どもも、一人の人間としておかあさんを認めていく・・・

みんな素敵だなって思います。(朝ドラ ひよっこ調で・・)










0 件のコメント:

コメントを投稿

おすすめ記事

良い姿勢って?

東温市の音楽教室・うてな音楽教室 小学校の女の子といっしょに お腹を安定して座るにはどしたらいいか、 という話、それがピアノを弾くのにも 生活するときにも とっても役に立つことだということなんかを 一緒に考えました。 そして、なかなかよい体つきになって ピアノ...