ふたつのグループレッスンの様子

東温市の音楽教室 うてな音楽教室


昨日は 1年生の2回めのグループレッスンでした。
みんな最初は緊張気味でしたが、楽しくすすめることができました。
前回の4拍子と3拍子を体感で掴むワークのおさらい
音符の長さ
音高になじむこと
おととり。
それから、グループれなければできない、人と音楽を共有する楽しさ。
それはただピアノに合わせて一緒に歌うとか(それも楽しいけれど)だけではなくて、
自分の感覚をうんと広げる必要があり、それを習慣にしていってほしいなあと思っています。

綺麗に音程を取って歌える生徒もいれば、まだまだこれから馴染んで行ければ良い生徒も。音程はいま取れていなくても、ソルフェージュを繰り返すうちにどんな子も自然身についていきます。だから、ご心配なく!
でも、みんな、自分から声を出していて、そして必要以上に誇示しない、とってもよい発声ができていて、学び合うのにとてもよいチームになりそうで、楽しみです。


それからついでに26日のグループレッスンの写真もアップ。

高学年の子たちのぐるぐるスケッチワーク


スケールとカデンツのテストにはみんな真剣に取り組んでくれていて、やってよかったなと思いました。男の子たちと女の子たちでは、向き合い方が違っていたのもおもしろかったなあ。他の人が弾いているのもとっても良い練習になっていたようです。

スケールカデンツはそれ自体は音楽ではなく、素材のようなものですから、消化していって、自然に身につくまでやっていきましょう。






0 件のコメント:

コメントを投稿

おすすめ記事

良い姿勢って?

東温市の音楽教室・うてな音楽教室 小学校の女の子といっしょに お腹を安定して座るにはどしたらいいか、 という話、それがピアノを弾くのにも 生活するときにも とっても役に立つことだということなんかを 一緒に考えました。 そして、なかなかよい体つきになって ピアノ...