男の子の演奏

9歳前後の男の子が3人います。
今度の弾き初めに向けて、曲がそれぞれに仕上がってきました。
それぞれ自分で音楽を掴んで生み出していく力が
育ってきています。

男の子はあまり器用ではないので、
(器用な子もいるでしょうが・・)テクニックでそつなくこなす
ということをしたくてもできません。
それゆえに、別の方法で音楽を楽しむ方法を
自分流に見つけていくことが
続けていくコツになっていくのかもしれないです。

普段めんどくさがりの子たちも曲が仕上がってくると、
気持ちが盛り上がってきて、楽しそう。
そしてチャレンジが好きなんですねー
なんだかんだいっても。

男の子と女の子では、音楽への向き合い方が 何となく違う気がします。
女の子は真面目だし、手先も男の子たちよりよく動くし、
自分流に、というのはもっと思春期になってからです。
そこまで、どうやって続けていくかというのが課題。
思春期になって、やっと気持ちと音楽がフィットし始める。
その時にある程度弾けるようになっていると
そこからは楽しく自分の趣味として続けられる。
そんな感じでしょうか。

寒くなってきたので、
お家のピアノのあるお部屋、暖めてあげてくださいね。
冷たい手では思うように弾けません。





0 件のコメント:

コメントを投稿

おすすめ記事

良い姿勢って?

東温市の音楽教室・うてな音楽教室 小学校の女の子といっしょに お腹を安定して座るにはどしたらいいか、 という話、それがピアノを弾くのにも 生活するときにも とっても役に立つことだということなんかを 一緒に考えました。 そして、なかなかよい体つきになって ピアノ...